--入社された経緯について、また入社後の感想も併せてお聞かせください ちょうど今春初孫誕生の予定で、少し長いお休みをいただき、初孫ライフを楽しもうかと思っていた矢先でしたので、大抵のことは直感で決めてしまう気質なのですが、即答はせずに家族に相談をしました。娘と息子は「面白そう!やってみれば~」、夫の第一声は「は?それ大丈夫?」。それ以後、アドバイスはしてくれますが「自分で決めてね」というスタイルでした。新しいことにチャレンジするときには、深く考えずにとりあえずやってみるのですが、さすがに今回は不安な面もありました。そんな折、義父と話す機会があって相談したところ「やりなさいよ。断る理由がわからない」と言われ、その一言で背中を押されて、本来の「やればどうにかなる」というチャレンジ精神で、無謀なこととはわかっていましたが、引き受けをさせて頂きました。 4月1日に入社し4月5日に初孫誕生…あわただしくスタートしましたが、家族の全面協力のもと、4月、5月と過ごしてまいりました。入社してからは、今までにはない経験もあり、楽しく、充実した毎日を過ごしています。まだまだ社内でも周りに迷惑をかけながらも「どうにかなっているか」はわかりませんが、日々メンバーと家族に感謝し、失敗を重ねながら成長していきたいと思います。
--現在の仕事内容と、やりがいや楽しさ難しさも含め、特徴を教えてください 4月、5月と法改正対応のため、オペレーター業務に多くの労力を注いでいたので、マネージメント業務らしい事をほとんど出来ていない状況でした。オペレータ業務の他に、業務文書の作成やメンバーシフトの作成、勤怠の承認に会議への参加…という感じです。 現在のところ、オペレーター業務とマネージメント業務のバランスが難しいと実感しております。新しい健診システムのサポート業務も開始するので、その打ち合わせに参加しておりますが、ゼロからの立ち上げとなり、経験したことのない領域ですが、とても楽しく、物を創る方のモチベーションに新しい刺激を受けております。 --今後MGとしてどのような展望をお持ちですか? 個人としてもお聞かせください メンバー的にも、今まで一緒にオペレーター業務を行っていた私がいきなりマネージャーになることで、戸惑いや、やりにくさも感じていると思います。先ずは業務とメンバーとの関係を軌道修正し、良い方向へと改善・改革に繋げていければと考えております。まだ手探りの状態ですが、マネージャーとしてお仕事をさせていただく以上、何かしらの「恒久財産」を残せるように努力していきたいと思っています。 私自身も趣味の「子育て」から180度方向転換いたしまして、これからはビジネスゲームを思う存分楽しみたいと思っています。 --「女性が働きやすい職場」だと思える制度や雰囲気について、どのような考えをお持ちですか 私が出産や育児をはじめた四半世紀前からは考えられないくらい、支援や制度が現在は整い、利用もしやすい環境に恵まれていると思います。しかし、出産・育児、家庭との両立支援策を充実させれば、女性が継続して働くことは可能となりますが、それだけでは「働きやすい職場」「長く働ける職場」とは言えないと思います。 「結婚をして早く仕事を辞めたい」と耳にすることがよくありますが、仕事にやりがいを感じることができずに、家庭に自分の居場所を求める場合もあるのではないでしょうか。 まずは、結婚や出産を機に「辞めたい」と考えない職場環境づくりが必要だと考えています。 ﷯ 女性の中にも継続して働くという長期キャリア志向や上昇志向を持たない人もいることも事実です。「女性はどうせ結婚や出産で仕事を辞めてしまうから、重要な仕事は任せられない。女性に教育投資は無駄!」「女性は男性より生産性も向上心も低い」という潜在的な意識が職場に少しでもあると、高い志で入社してきても、モチベーションを上げることができずに、辞めていってしまいます。 また産休や育休、時短勤務等の限定的な働き方をしていても、子育て中だからとその人の能力が低くなるわけではありません。会社の戦力として、限られた時間の中で効率よく仕事をしていることを評価し、無理だろうと重要な仕事を任せないのではなく、どのようにサポートすれば任せられるのかを長期的なスパンで考えることも必要なのではないかと思います。限定的な働き方をしている本人が、負い目を感じてしまうような環境は、「居心地の良い職場」とは言えないのではないでしょうか。 現在、共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、家事・育児に積極的に関わる男性も増えてきています。また、高齢化社会で介護等の問題も出てきています。家事・育児・介護といった問題は、女性だけの問題ではなく、誰もが自身のことと考えてサポートすることが「誰もが働きやすい職場」「長く働ける職場」「居心地の良い職場」になるのではないでしょうか。 --現状の要望や改善点など教えてください オペレーターは日々、お客様の対応をしていますが、目の前の問題を解決するだけの繰り返しとなってしまいがちです。忙しい日々が続いたりするとストレスがたまり、モチベーションも下がってしまいます。 先日、他社のコールセンターを見学させていただきましたが、オペレーター宛てのお客様の感謝の言葉や、電話コンクールで受賞したときの写真なども掲示されたりしていました。何か目に見える形でオペレーターへのご褒美があると、辛い時、疲れている時でも「もう少し頑張ろう」と思うかもしれません。頑張ったオペレーターに何か「〇〇賞」などを考えてみてはいかがでしょうか。 --最後にメッセージをお願いします 仕事以外の家庭生活や趣味や活動などの私生活が充実することで、心にも余裕が生まれ、仕事に対する考え方や取り組み方も変わってくるのではないかと思います。男女問わず、独身、既婚に関わらず、仕事と私生活のバランスを取るためには、どのように自分の人生をコントロールしていけばよいのか、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。 「チャレンジしない人生」より結果はどうあれ、自分らしくマイペースに「やればどうにかなる」という精神で、どんな些細なことでも、「チャレンジする人生」の方が、きっと幸せに感じられると思います。
ファーストコールセンター 福祉グループ
マネージャー
木村 久美子

HOME会社情報事例紹介従業員の声採用情報おしらせプライバシー ポリシーサイト利用条件サイトマップ

株式会社メディカル情報サービス 〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町三丁目13-1 住友生命大宮第2ビル8階
Phone : 050-3000-1513 Fax : 048-642-2627
E-mail : mis@misrc.co.jp プライバシーポリシーについてはこちら サイト利用条件についてはこちら Internet Explororでは正しく表示されないことがあります

Copyright(C) 2019 MIS Co.,LTD All rights reserved.

--入社された経緯について、また入社後の感想も併せてお聞かせください ちょうど今春初孫誕生の予定で、少し長いお休みをいただき、初孫ライフを楽しもうかと思っていた矢先でしたので、大抵のことは直感で決めてしまう気質なのですが、即答はせずに家族に相談をしました。娘と息子は「面白そう!やってみれば~」、夫の第一声は「は?それ大丈夫?」。それ以後、アドバイスはしてくれますが「自分で決めてね」というスタイルでした。新しいことにチャレンジするときには、深く考えずにとりあえずやってみるのですが、さすがに今回は不安な面もありました。そんな折、義父と話す機会があって相談したところ「やりなさいよ。断る理由がわからない」と言われ、その一言で背中を押されて、本来の「やればどうにかなる」というチャレンジ精神で、無謀なこととはわかっていましたが、引き受けをさせて頂きました。 4月1日に入社し4月5日に初孫誕生…あわただしくスタートしましたが、家族の全面協力のもと、4月、5月と過ごしてまいりました。入社してからは、今までにはない経験もあり、楽しく、充実した毎日を過ごしています。まだまだ社内でも周りに迷惑をかけながらも「どうにかなっているか」はわかりませんが、日々メンバーと家族に感謝し、失敗を重ねながら成長していきたいと思います。
--現在の仕事内容と、やりがいや楽しさ難しさも含め、特徴を教えてください 4月、5月と法改正対応のため、オペレーター業務に多くの労力を注いでいたので、マネージメント業務らしい事をほとんど出来ていない状況でした。オペレータ業務の他に、業務文書の作成やメンバーシフトの作成、勤怠の承認に会議への参加…という感じです。 現在のところ、オペレーター業務とマネージメント業務のバランスが難しいと実感しております。新しい健診システムのサポート業務も開始するので、その打ち合わせに参加しておりますが、ゼロからの立ち上げとなり、経験したことのない領域ですが、とても楽しく、物を創る方のモチベーションに新しい刺激を受けております。 --今後MGとしてどのような展望をお持ちですか? 個人としてもお聞かせください メンバー的にも、今まで一緒にオペレーター業務を行っていた私がいきなりマネージャーになることで、戸惑いや、やりにくさも感じていると思います。先ずは業務とメンバーとの関係を軌道修正し、良い方向へと改善・改革に繋げていければと考えております。まだ手探りの状態ですが、マネージャーとしてお仕事をさせていただく以上、何かしらの「恒久財産」を残せるように努力していきたいと思っています。 私自身も趣味の「子育て」から180度方向転換いたしまして、これからはビジネスゲームを思う存分楽しみたいと思っています。 --「女性が働きやすい職場」だと思える制度や雰囲気について、どのような考えをお持ちですか 私が出産や育児をはじめた四半世紀前からは考えられないくらい、支援や制度が現在は整い、利用もしやすい環境に恵まれていると思います。しかし、出産・育児、家庭との両立支援策を充実させれば、女性が継続して働くことは可能となりますが、それだけでは「働きやすい職場」「長く働ける職場」とは言えないと思います。 「結婚をして早く仕事を辞めたい」と耳にすることがよくありますが、仕事にやりがいを感じることができずに、家庭に自分の居場所を求める場合もあるのではないでしょうか。 まずは、結婚や出産を機に「辞めたい」と考えない職場環境づくりが必要だと考えています。 ﷯ 女性の中にも継続して働くという長期キャリア志向や上昇志向を持たない人もいることも事実です。「女性はどうせ結婚や出産で仕事を辞めてしまうから、重要な仕事は任せられない。女性に教育投資は無駄!」「女性は男性より生産性も向上心も低い」という潜在的な意識が職場に少しでもあると、高い志で入社してきても、モチベーションを上げることができずに、辞めていってしまいます。 また産休や育休、時短勤務等の限定的な働き方をしていても、子育て中だからとその人の能力が低くなるわけではありません。会社の戦力として、限られた時間の中で効率よく仕事をしていることを評価し、無理だろうと重要な仕事を任せないのではなく、どのようにサポートすれば任せられるのかを長期的なスパンで考えることも必要なのではないかと思います。限定的な働き方をしている本人が、負い目を感じてしまうような環境は、「居心地の良い職場」とは言えないのではないでしょうか。 現在、共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、家事・育児に積極的に関わる男性も増えてきています。また、高齢化社会で介護等の問題も出てきています。家事・育児・介護といった問題は、女性だけの問題ではなく、誰もが自身のことと考えてサポートすることが「誰もが働きやすい職場」「長く働ける職場」「居心地の良い職場」になるのではないでしょうか。 --現状の要望や改善点など教えてください オペレーターは日々、お客様の対応をしていますが、目の前の問題を解決するだけの繰り返しとなってしまいがちです。忙しい日々が続いたりするとストレスがたまり、モチベーションも下がってしまいます。 先日、他社のコールセンターを見学させていただきましたが、オペレーター宛てのお客様の感謝の言葉や、電話コンクールで受賞したときの写真なども掲示されたりしていました。何か目に見える形でオペレーターへのご褒美があると、辛い時、疲れている時でも「もう少し頑張ろう」と思うかもしれません。頑張ったオペレーターに何か「〇〇賞」などを考えてみてはいかがでしょうか。
--最後にメッセージをお願いします 仕事以外の家庭生活や趣味や活動などの私生活が充実することで、心にも余裕が生まれ、仕事に対する考え方や取り組み方も変わってくるのではないかと思います。男女問わず、独身、既婚に関わらず、仕事と私生活のバランスを取るためには、どのように自分の人生をコントロールしていけばよいのか、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。 「チャレンジしない人生」より結果はどうあれ、自分らしくマイペースに「やればどうにかなる」という精神で、どんな些細なことでも、「チャレンジする人生」の方が、きっと幸せに感じられると思います。

HOME会社情報事例紹介従業員の声採用情報おしらせプライバシー ポリシーサイト利用条件サイトマップ

株式会社メディカル情報サービス 〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町三丁目13-1 住友生命大宮第2ビル8階
Phone : 050-3000-1513 Fax : 048-642-2627
E-mail : mis@misrc.co.jp プライバシーポリシーについてはこちら サイト利用条件についてはこちら Internet Explororでは正しく表示されないことがあります
--入社された経緯について、また入社後の感想も併せてお聞かせください ちょうど今春初孫誕生の予定で、少し長いお休みをいただき、初孫ライフを楽しもうかと思っていた矢先でしたので、大抵のことは直感で決めてしまう気質なのですが、即答はせずに家族に相談をしました。娘と息子は「面白そう!やってみれば~」、夫の第一声は「は?それ大丈夫?」。それ以後、アドバイスはしてくれますが「自分で決めてね」というスタイルでした。新しいことにチャレンジするときには、深く考えずにとりあえずやってみるのですが、さすがに今回は不安な面もありました。そんな折、義父と話す機会があって相談したところ「やりなさいよ。断る理由がわからない」と言われ、その一言で背中を押されて、本来の「やればどうにかなる」というチャレンジ精神で、無謀なこととはわかっていましたが、引き受けをさせて頂きました。 4月1日に入社し4月5日に初孫誕生…あわただしくスタートしましたが、家族の全面協力のもと、4月、5月と過ごしてまいりました。入社してからは、今までにはない経験もあり、楽しく、充実した毎日を過ごしています。まだまだ社内でも周りに迷惑をかけながらも「どうにかなっているか」はわかりませんが、日々メンバーと家族に感謝し、失敗を重ねながら成長していきたいと思います。 --現在の仕事内容と、やりがいや楽しさ難しさも含め、特徴を教えてください 4月、5月と法改正対応のため、オペレーター業務に多くの労力を注いでいたので、マネージメント業務らしい事をほとんど出来ていない状況でした。オペレータ業務の他に、業務文書の作成やメンバーシフトの作成、勤怠の承認に会議への参加…という感じです。 現在のところ、オペレーター業務とマネージメント業務のバランスが難しいと実感しております。新しい健診システムのサポート業務も開始するので、その打ち合わせに参加しておりますが、ゼロからの立ち上げとなり、経験したことのない領域ですが、とても楽しく、物を創る方のモチベーションに新しい刺激を受けております。 --今後MGとしてどのような展望をお持ちですか? 個人としてもお聞かせください メンバー的にも、今まで一緒にオペレーター業務を行っていた私がいきなりマネージャーになることで、戸惑いや、やりにくさも感じていると思います。先ずは業務とメンバーとの関係を軌道修正し、良い方向へと改善・改革に繋げていければと考えております。まだ手探りの状態ですが、マネージャーとしてお仕事をさせていただく以上、何かしらの「恒久財産」を残せるように努力していきたいと思っています。 私自身も趣味の「子育て」から180度方向転換いたしまして、これからはビジネスゲームを思う存分楽しみたいと思っています。 --「女性が働きやすい職場」だと思える制度や雰囲気について、どのような考えをお持ちですか 私が出産や育児をはじめた四半世紀前からは考えられないくらい、支援や制度が現在は整い、利用もしやすい環境に恵まれていると思います。しかし、出産・育児、家庭との両立支援策を充実させれば、女性が継続して働くことは可能となりますが、それだけでは「働きやすい職場」「長く働ける職場」とは言えないと思います。 「結婚をして早く仕事を辞めたい」と耳にすることがよくありますが、仕事にやりがいを感じることができずに、家庭に自分の居場所を求める場合もあるのではないでしょうか。 まずは、結婚や出産を機に「辞めたい」と考えない職場環境づくりが必要だと考えています。 ﷯ 女性の中にも継続して働くという長期キャリア志向や上昇志向を持たない人もいることも事実です。「女性はどうせ結婚や出産で仕事を辞めてしまうから、重要な仕事は任せられない。女性に教育投資は無駄!」「女性は男性より生産性も向上心も低い」という潜在的な意識が職場に少しでもあると、高い志で入社してきても、モチベーションを上げることができずに、辞めていってしまいます。 また産休や育休、時短勤務等の限定的な働き方をしていても、子育て中だからとその人の能力が低くなるわけではありません。会社の戦力として、限られた時間の中で効率よく仕事をしていることを評価し、無理だろうと重要な仕事を任せないのではなく、どのようにサポートすれば任せられるのかを長期的なスパンで考えることも必要なのではないかと思います。限定的な働き方をしている本人が、負い目を感じてしまうような環境は、「居心地の良い職場」とは言えないのではないでしょうか。 現在、共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、家事・育児に積極的に関わる男性も増えてきています。また、高齢化社会で介護等の問題も出てきています。家事・育児・介護といった問題は、女性だけの問題ではなく、誰もが自身のことと考えてサポートすることが「誰もが働きやすい職場」「長く働ける職場」「居心地の良い職場」になるのではないでしょうか。
--現状の要望や改善点など教えてください オペレーターは日々、お客様の対応をしていますが、目の前の問題を解決するだけの繰り返しとなってしまいがちです。忙しい日々が続いたりするとストレスがたまり、モチベーションも下がってしまいます。 先日、他社のコールセンターを見学させていただきましたが、オペレーター宛てのお客様の感謝の言葉や、電話コンクールで受賞したときの写真なども掲示されたりしていました。何か目に見える形でオペレーターへのご褒美があると、辛い時、疲れている時でも「もう少し頑張ろう」と思うかもしれません。頑張ったオペレーターに何か「〇〇賞」などを考えてみてはいかがでしょうか。

--最後にメッセージをお願いします 仕事以外の家庭生活や趣味や活動などの私生活が充実することで、心にも余裕が生まれ、仕事に対する考え方や取り組み方も変わってくるのではないかと思います。男女問わず、独身、既婚に関わらず、仕事と私生活のバランスを取るためには、どのように自分の人生をコントロールしていけばよいのか、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。 「チャレンジしない人生」より結果はどうあれ、自分らしくマイペースに「やればどうにかなる」という精神で、どんな些細なことでも、「チャレンジする人生」の方が、きっと幸せに感じられると思います。
株式会社メディカル情報サービス 〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町三丁目13-1 住友生命大宮第2ビル8階
Phone : 050-3000-1513 Fax : 048-642-2627
プライバシーポリシーについてはこちら サイト利用条件についてはこちら Internet Explororでは正しく表示されないことがあります
--入社された経緯について、また入社後の感想も併せてお聞かせください ちょうど今春初孫誕生の予定で、少し長いお休みをいただき、初孫ライフを楽しもうかと思っていた矢先でしたので、大抵のことは直感で決めてしまう気質なのですが、即答はせずに家族に相談をしました。娘と息子は「面白そう!やってみれば~」、夫の第一声は「は?それ大丈夫?」。それ以後、アドバイスはしてくれますが「自分で決めてね」というスタイルでした。新しいことにチャレンジするときには、深く考えずにとりあえずやってみるのですが、さすがに今回は不安な面もありました。そんな折、義父と話す機会があって相談したところ「やりなさいよ。断る理由がわからない」と言われ、その一言で背中を押されて、本来の「やればどうにかなる」というチャレンジ精神で、無謀なこととはわかっていましたが、引き受けをさせて頂きました。 4月1日に入社し4月5日に初孫誕生…あわただしくスタートしましたが、家族の全面協力のもと、4月、5月と過ごしてまいりました。入社してからは、今までにはない経験もあり、楽しく、充実した毎日を過ごしています。まだまだ社内でも周りに迷惑をかけながらも「どうにかなっているか」はわかりませんが、日々メンバーと家族に感謝し、失敗を重ねながら成長していきたいと思います。 --現在の仕事内容と、やりがいや楽しさ難しさも含め、特徴を教えてください 4月、5月と法改正対応のため、オペレーター業務に多くの労力を注いでいたので、マネージメント業務らしい事をほとんど出来ていない状況でした。オペレータ業務の他に、業務文書の作成やメンバーシフトの作成、勤怠の承認に会議への参加…という感じです。 現在のところ、オペレーター業務とマネージメント業務のバランスが難しいと実感しております。新しい健診システムのサポート業務も開始するので、その打ち合わせに参加しておりますが、ゼロからの立ち上げとなり、経験したことのない領域ですが、とても楽しく、物を創る方のモチベーションに新しい刺激を受けております。 --今後MGとしてどのような展望をお持ちですか? 個人としてもお聞かせください メンバー的にも、今まで一緒にオペレーター業務を行っていた私がいきなりマネージャーになることで、戸惑いや、やりにくさも感じていると思います。先ずは業務とメンバーとの関係を軌道修正し、良い方向へと改善・改革に繋げていければと考えております。まだ手探りの状態ですが、マネージャーとしてお仕事をさせていただく以上、何かしらの「恒久財産」を残せるように努力していきたいと思っています。 私自身も趣味の「子育て」から180度方向転換いたしまして、これからはビジネスゲームを思う存分楽しみたいと思っています。 --「女性が働きやすい職場」だと思える制度や雰囲気について、どのような考えをお持ちですか 私が出産や育児をはじめた四半世紀前からは考えられないくらい、支援や制度が現在は整い、利用もしやすい環境に恵まれていると思います。しかし、出産・育児、家庭との両立支援策を充実させれば、女性が継続して働くことは可能となりますが、それだけでは「働きやすい職場」「長く働ける職場」とは言えないと思います。 「結婚をして早く仕事を辞めたい」と耳にすることがよくありますが、仕事にやりがいを感じることができずに、家庭に自分の居場所を求める場合もあるのではないでしょうか。 まずは、結婚や出産を機に「辞めたい」と考えない職場環境づくりが必要だと考えています。 ﷯ 女性の中にも継続して働くという長期キャリア志向や上昇志向を持たない人もいることも事実です。「女性はどうせ結婚や出産で仕事を辞めてしまうから、重要な仕事は任せられない。女性に教育投資は無駄!」「女性は男性より生産性も向上心も低い」という潜在的な意識が職場に少しでもあると、高い志で入社してきても、モチベーションを上げることができずに、辞めていってしまいます。 また産休や育休、時短勤務等の限定的な働き方をしていても、子育て中だからとその人の能力が低くなるわけではありません。会社の戦力として、限られた時間の中で効率よく仕事をしていることを評価し、無理だろうと重要な仕事を任せないのではなく、どのようにサポートすれば任せられるのかを長期的なスパンで考えることも必要なのではないかと思います。限定的な働き方をしている本人が、負い目を感じてしまうような環境は、「居心地の良い職場」とは言えないのではないでしょうか。 現在、共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、家事・育児に積極的に関わる男性も増えてきています。また、高齢化社会で介護等の問題も出てきています。家事・育児・介護といった問題は、女性だけの問題ではなく、誰もが自身のことと考えてサポートすることが「誰もが働きやすい職場」「長く働ける職場」「居心地の良い職場」になるのではないでしょうか。
--現状の要望や改善点など教えてください オペレーターは日々、お客様の対応をしていますが、目の前の問題を解決するだけの繰り返しとなってしまいがちです。忙しい日々が続いたりするとストレスがたまり、モチベーションも下がってしまいます。 先日、他社のコールセンターを見学させていただきましたが、オペレーター宛てのお客様の感謝の言葉や、電話コンクールで受賞したときの写真なども掲示されたりしていました。何か目に見える形でオペレーターへのご褒美があると、辛い時、疲れている時でも「もう少し頑張ろう」と思うかもしれません。頑張ったオペレーターに何か「〇〇賞」などを考えてみてはいかがでしょうか。 --最後にメッセージをお願いします 仕事以外の家庭生活や趣味や活動などの私生活が充実することで、心にも余裕が生まれ、仕事に対する考え方や取り組み方も変わってくるのではないかと思います。男女問わず、独身、既婚に関わらず、仕事と私生活のバランスを取るためには、どのように自分の人生をコントロールしていけばよいのか、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。 「チャレンジしない人生」より結果はどうあれ、自分らしくマイペースに「やればどうにかなる」という精神で、どんな些細なことでも、「チャレンジする人生」の方が、きっと幸せに感じられると思います。

株式会社メディカル情報サービス 〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町三丁目13-1 住友生命大宮第2ビル8階 Phone : 050-3000-1513 Fax : 048-642-2627 プライバシーポリシーについてはこちら サイト利用条件についてはこちら Internet Explororでは正しく表示されないことがあります
--入社された経緯について、また入社後の感想も併せてお聞かせください ちょうど今春初孫誕生の予定で、少し長いお休みをいただき、初孫ライフを楽しもうかと思っていた矢先でしたので、大抵のことは直感で決めてしまう気質なのですが、即答はせずに家族に相談をしました。娘と息子は「面白そう!やってみれば~」、夫の第一声は「は?それ大丈夫?」。それ以後、アドバイスはしてくれますが「自分で決めてね」というスタイルでした。新しいことにチャレンジするときには、深く考えずにとりあえずやってみるのですが、さすがに今回は不安な面もありました。そんな折、義父と話す機会があって相談したところ「やりなさいよ。断る理由がわからない」と言われ、その一言で背中を押されて、本来の「やればどうにかなる」というチャレンジ精神で、無謀なこととはわかっていましたが、引き受けをさせて頂きました。 4月1日に入社し4月5日に初孫誕生…あわただしくスタートしましたが、家族の全面協力のもと、4月、5月と過ごしてまいりました。入社してからは、今までにはない経験もあり、楽しく、充実した毎日を過ごしています。まだまだ社内でも周りに迷惑をかけながらも「どうにかなっているか」はわかりませんが、日々メンバーと家族に感謝し、失敗を重ねながら成長していきたいと思います。 --現在の仕事内容と、やりがいや楽しさ難しさも含め、特徴を教えてください 4月、5月と法改正対応のため、オペレーター業務に多くの労力を注いでいたので、マネージメント業務らしい事をほとんど出来ていない状況でした。オペレータ業務の他に、業務文書の作成やメンバーシフトの作成、勤怠の承認に会議への参加…という感じです。 現在のところ、オペレーター業務とマネージメント業務のバランスが難しいと実感しております。新しい健診システムのサポート業務も開始するので、その打ち合わせに参加しておりますが、ゼロからの立ち上げとなり、経験したことのない領域ですが、とても楽しく、物を創る方のモチベーションに新しい刺激を受けております。 --今後MGとしてどのような展望をお持ちですか? 個人としてもお聞かせください メンバー的にも、今まで一緒にオペレーター業務を行っていた私がいきなりマネージャーになることで、戸惑いや、やりにくさも感じていると思います。先ずは業務とメンバーとの関係を軌道修正し、良い方向へと改善・改革に繋げていければと考えております。まだ手探りの状態ですが、マネージャーとしてお仕事をさせていただく以上、何かしらの「恒久財産」を残せるように努力していきたいと思っています。 私自身も趣味の「子育て」から180度方向転換いたしまして、これからはビジネスゲームを思う存分楽しみたいと思っています。
--「女性が働きやすい職場」だと思える制度や雰囲気について、どのような考えをお持ちですか 私が出産や育児をはじめた四半世紀前からは考えられないくらい、支援や制度が現在は整い、利用もしやすい環境に恵まれていると思います。しかし、出産・育児、家庭との両立支援策を充実させれば、女性が継続して働くことは可能となりますが、それだけでは「働きやすい職場」「長く働ける職場」とは言えないと思います。 「結婚をして早く仕事を辞めたい」と耳にすることがよくありますが、仕事にやりがいを感じることができずに、家庭に自分の居場所を求める場合もあるのではないでしょうか。 まずは、結婚や出産を機に「辞めたい」と考えない職場環境づくりが必要だと考えています。 ﷯ 女性の中にも継続して働くという長期キャリア志向や上昇志向を持たない人もいることも事実です。「女性はどうせ結婚や出産で仕事を辞めてしまうから、重要な仕事は任せられない。女性に教育投資は無駄!」「女性は男性より生産性も向上心も低い」という潜在的な意識が職場に少しでもあると、高い志で入社してきても、モチベーションを上げることができずに、辞めていってしまいます。 また産休や育休、時短勤務等の限定的な働き方をしていても、子育て中だからとその人の能力が低くなるわけではありません。会社の戦力として、限られた時間の中で効率よく仕事をしていることを評価し、無理だろうと重要な仕事を任せないのではなく、どのようにサポートすれば任せられるのかを長期的なスパンで考えることも必要なのではないかと思います。限定的な働き方をしている本人が、負い目を感じてしまうような環境は、「居心地の良い職場」とは言えないのではないでしょうか。 現在、共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、家事・育児に積極的に関わる男性も増えてきています。また、高齢化社会で介護等の問題も出てきています。家事・育児・介護といった問題は、女性だけの問題ではなく、誰もが自身のことと考えてサポートすることが「誰もが働きやすい職場」「長く働ける職場」「居心地の良い職場」になるのではないでしょうか。
--現状の要望や改善点など教えてください オペレーターは日々、お客様の対応をしていますが、目の前の問題を解決するだけの繰り返しとなってしまいがちです。忙しい日々が続いたりするとストレスがたまり、モチベーションも下がってしまいます。 先日、他社のコールセンターを見学させていただきましたが、オペレーター宛てのお客様の感謝の言葉や、電話コンクールで受賞したときの写真なども掲示されたりしていました。何か目に見える形でオペレーターへのご褒美があると、辛い時、疲れている時でも「もう少し頑張ろう」と思うかもしれません。頑張ったオペレーターに何か「〇〇賞」などを考えてみてはいかがでしょうか。 --最後にメッセージをお願いします 仕事以外の家庭生活や趣味や活動などの私生活が充実することで、心にも余裕が生まれ、仕事に対する考え方や取り組み方も変わってくるのではないかと思います。男女問わず、独身、既婚に関わらず、仕事と私生活のバランスを取るためには、どのように自分の人生をコントロールしていけばよいのか、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。 「チャレンジしない人生」より結果はどうあれ、自分らしくマイペースに「やればどうにかなる」という精神で、どんな些細なことでも、「チャレンジする人生」の方が、きっと幸せに感じられると思います。

株式会社メディカル情報サービス 〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町三丁目13-1 住友生命大宮第2ビル8階 Phone : 050-3000-1513 Fax : 048-642-2627 サイト利用条件についてはこちら Internet Explororでは正しく表示されないことがあります